SUGAr BTS

BTS SUGA♡ユンギペンのブログです。BTSを応援しています。

BTS(방탄소년단) BON VOYAGE season2 内容 EP8 前編

안녕하세요.

 ボンボヤ2のEP7ポリネシアン文化センターでユンギとナムのラップ名を決めた時の話をしていたのを書き忘れたのででここに書きます。

 

ナムのラップネームの候補、ラルゴ、ザ・ネクシスト

ユンギのラップネームの候補、Gloss。(ユンギを英語にした)

 

当時は世界で一番かっこいい名前にしようと思っていたけど、今考えると全部ダサい

と言ってましたw グロスじゃなくてSUGAでよかったです💓(だけど結局みんな本名で呼んでるしw)

f:id:non_fic:20210130215218p:image

 

☟この続き書いていきます~。EP8がハワイ最終日、最終回です!
www.bang-tan.work

 

EP8 はお手紙です。手紙の相手↓

ジミン→ホソク

ホソク→ユンギ

ユンギ→ジン

ジン→グク

グク→ナム

ナム→テヒョン

テヒョン→ジミン

 

手紙はクルーズで公開。事前に内容を教えるのは禁止です。🙋‍♂️

ユンギは仲の良い人から手紙をもらうと我慢できない病気(w)があるようです。

(要するに照れくさいのね)

f:id:non_fic:20210130215341p:image

鳥肌アレルギーww

 

みんな手紙に何を書けばいいのか悩む…。

いつまでも書けずウダウダとしてましたが、ジミンは時間になっても終わらず…移動中に考え、船で仕上げました。

 

船ではテテが船長やったりタイタニックやったり。自由に過ごす。

名前を聞かれたテテ↓

f:id:non_fic:20210130215428p:image

バンゴッホに続き適当に名前を答えるw
f:id:non_fic:20210130215435p:image

 

そしてスタッフさんからのプレゼント🎥

デビューから今までの期間(5年)を詰めた映像を見せてもらいました。

デビュー日した日、初めて1位をとった日、初めてコンサートをした日、初めて大賞をとった日。

昔の映像で泣いてる自分をみて恥ずかしくなっちゃうジミン。

本当にあっという間に時が流れたというユンギ。

この時ジンヒョンが泣いたんだよね。って話になったりw黒歴史放出w

f:id:non_fic:20210130215632p:image

 

「RUN」や「I NEED YOU」までは本当に大変だったと当時のことを思い出し振り返る。

Melonの年末の大賞受賞の時に本当に泣けたというホソク。

 

MAMAの受賞の時に号泣したユンギ。

2010年11月7日に大邱からソウルへ上京したユンギ。その時からのことを思い出して涙が出たと言います😢

しかし表情が笑いながら泣いていたためホソクにウソ泣きかと思われたようですwww

上京していろんなことを経験してを頑張ってきたね😢😢💓

 

ユンギは30歳になっても40歳になっても50歳になってもこの7人でなにかを続けられたらいいと思っていると話していました。

ステージに一緒に立てているのがいいけどそういう環境じゃないかもしれないから。

ご飯を食べにいったりお酒を飲みにいったり…。

 

何年間も傍で一緒に過ごしてきたメンバーはジンさんにとって財布や携帯のようにないと不安になる存在。休暇や個人の活動をしていて傍にいないと不安になる。数年後もきっとそうだと思う。

 

休暇で各自実家に帰ったメンバーはお互いにメンバーのために美味しいもの(おかず)などを持って帰ってきた。美味しいものをみつけるとメンバーを思い出す。

故郷に帰って一番おいしいものを持ってくる習慣がある。

お互いにいつもメンバーのことを思っていて家族同然の存在ですよね😢

 

思い出やメンバーへの思いを振り返り、(恥ずかしいから)少しお酒を飲んで…手紙の時間です。

 

 

ユンギ→ジンさん

ユンギの手紙を読むとなった時、ジンさん大きなため息w

ユンギが「なんですか…?!」

ジン「ルームメイトから手紙をもらうのは初めてだから…」とジンさんのほうが緊張している様子w

ジンさんのことは気にせず手紙を読みだすユンギ。

(ものすごくSINの関係性!!w)

f:id:non_fic:20210130215813p:image

TO ジンジンジャラ ソクジンさん。

ヒョンの永遠のルームメイトシュガです。

ヒョンと知り合ってもう7年になるなんて…ヒョンをはじめて見た瞬間を思い出します。

とてもやさしそうだったヒョンが最近はとても明るく元気になったみたいで驚いていて不思議です。きっと僕たちがずっと一緒にいるからだと思います。

ステージに上がるとき、歌をうたうとき、心配で自信がなかったヒョンの姿が一昨日のことのようですが、最近ステージに上がったヒョンを見ると本当に歌が上手いと思います。たくさん悩んだ結果でしょう。

ずっとヒョンのことを見てきたけど、足りないものを満たすために密かに努力する姿がとても感動で見習う部分が多い方だと思います。

これからもずっと末永く一緒に過ごしましょう。

P.S でもお兄さんらしく過ごしてくれればと思います…☆ 

 

真剣な話をしないのでユンギのこういう考えも知らなかった。歯がゆい感じがするとちょっと照れているようなジンさん

 

ソクジンからJKへf:id:non_fic:20210130220008p:image

TO JK

JKアンニョン。ヒョンだよ。

お前にはいつも感謝しているんだよ。

26歳の僕と精神年齢が似ててくれてありがとう。そして今回旅行をしながら感じたことがある。お前の拳は本当に強い。優しくするから殴らないでくれ。

そして顔がすごく焼けたようだから韓国に帰ったらパックをあげるよ。

そして落ち着いて僕のベッドで寝ないでくれ、僕がいない間に僕のベッドで写真を撮って送ってくるんだけど、もう一回そんなことをしたらハワイでは顔が焼けたけど、韓国では炎の中に投げ捨てるからな。(笑うグクちゃん)

もちろん炎の中とは熱い僕の胸だ。僕の広い胸で深く抱かれてくれ。

いつもチームの先生になってくれ、活力になってくれてありがとう。

優しくてハンサムで、力が強くて、体も良く、目が大きくて、歌も上手で、ダンスも上手なジョングク愛してる。

 

恥ずかしさを隠すため、冗談も混ぜながらのジンさんからの手紙。すごくジンさんらしい。

グクから「これからはいう事を聞くよ。自撮りも送らず、ベッドにも上がらず、これからもそばでたくさん助ける。これからも頑張りましょう。」

ジンさん「ベッドでの写真送っていいよ。言葉ではそう言ったけど本当は嬉しかった。」

※マンネの自撮りは面白くてグループラインにいつもアップされる様子。

 

グク→ナム

f:id:non_fic:20210130220201p:image

TO ナムジュニヒョン

アンニョンハセヨ、チームのマンネジョングクです。

僕は手紙を上手に書ける人ではないのでどこから始めればいいのかわからないけど書いてみます。

僕がいつも考えることなんですが、僕はチームにたくさん刺激をもらいます。

全員に刺激を受けるけど、特にナムジュニヒョンから一番たくさん刺激を受けます。

僕が普段やりたいことがたくさんあるけど、長続きしないじゃないですか。

時々ヒョンたちが冗談で言うように。 本当に僕がそんな人になってしまったような気がしました。

ヒョンが仕事や音楽をするとき、作業をするとき、普段英語を話す姿を見るとき、自信と情熱をたくさん芽生えます。

ヒョンも大変だと思いますがこれからも僕にかっこいい姿をたくさん見せてください。

僕もずっとついていきます。ヒョンは本当にかっこいい人です。 

 

ナム「2017年の中で一番感動しました。」

いつもグクのことが羨ましいことが多いナム。本当に集中と選択できたらいろんなことをかなえられるポテンシャルを持っている素敵な人だと思うから。今のままの情熱的な姿をたくさん見せてくれればいいと思う。

 

テヒョン→ジミン

f:id:non_fic:20210130220312p:image

緊張してるテテ。

TO ジミンへ

ジミナアンニョン。こんなに真剣に手紙を書くとちょっと恥ずかしいけど、でも書こうと思う理解してほしい。

練習生の時、僕たちは何も知らないままソウルにきたよね。

起きて制服をきて同じ学校に行って、一緒にご飯を食べて、練習室に行って。

一緒に宿舎に帰って。そして夜におしゃべりして。

6年くらいたつといつの間にか僕のかけがえのない大切な友達になっていた。

デビューの前に、ジミンがデビューに不安を感じていた時があったよね。

その時に僕が会社でミーティングをしたときがあったんだけど

「チームにジミンがいたらどうなると思う?」って質問したことがあって

しばらく考えて…苦しいときも嬉しいときもいつもそばで一緒に笑って泣いてくれた友達はジミンしかいない。こういう友達とずっと一緒にいたいです。一緒にデビューしたいです。って。本当にその話ができて良かった。

こうやって一緒にデビューできてよかったし、今までいい思い出を残せて本当に幸せだった。

そして…ごめんね。いつももらってばかりで。僕がトイレで泣いていたら一緒に泣いてくれて。夜中にこっそり外に出て一緒に笑ってくれて。気遣ってくれて、考えてくれて。僕のために努力してくれて理解してくれて。悩みを聞いてくれて。とても足りない友達を好きでいてくれて…。

これからも長く一緒に花道をあるこう。あいしてるよジミン。

 

ジミン「他の人はどう思うかわからないけど。そばで見てる人は僕だけがテヒョンを気遣っているって思うかもしれないけど、むしろ僕がテヒョンから学ぶことも多いし、良い感情を感じるときが多いです。感動もたくさんするし。その時テヒョンが僕の友達でよかったって思うんです。」

f:id:non_fic:20210130220342p:image

泣いちゃうテテ😢本当にクオズの友情は素敵で感動しちゃいます。

 

ナム・ホソク、テテ・ジミンを見ると羨ましいユンギ。チームに同い年がいないから。もし同い年の友達がチームにいたらどうだったかなって考えるときがある。

メンバーはすごく仲が良いけど、友達として共有する感情はどうなのかなって思う事も多い。(※SINは3か月しか違わない)

 

 めちゃ長くなったので後半へ続きます…。

 

www.bang-tan.work